つい気になる他人の独り言

最近、お一人様でスーパーやドラックストアにお買い物に来られている方の独り言が気になります。
明らか一人なのに、会話するときくらいの声の大きさで「これどうかなー」「これやっぱり止めた方がいいかなー」
などと発言されている方がいらっしゃいます。
おじいちゃんやおばあちゃんなら何も思いませんが、幅広い年代の方が独り言を平気で言っています。
そういう方は、自分の声が漏れている事に気づいていないのでしょうか。
それとも、その発言は周りにいる人への質問なのでしょうか。
昔、「サトラレ」というドラマがありましたが、そのドラマは心の声がすべて漏れてしまうという病気でした。
オダギリジョーさんが演じられましたが、面白いお話しではありましたが
自分がそういう病気だったら、耐えられないと強く思ったのを覚えています。
似たような感じで、自分の想いが漏れてしまっている独り言が多い方は本当に気の毒です。
そういう人を見かけた時、皆さんはどういう目で見ていますか。

つい気になる他人の独り言